業務用洗濯機を購入する前に予算を決めよう【相場価格をリサーチ】

解体工事

自由自在に作れる

ガラパゴスとフルイ機を利用する事で極めて純度が高く余計なものが混じっていない山砂を作る事ができます。ガラパゴスとフルイ機の選び方ですが、どういう目的で使うのか販売している会社に聞き、その会社のアドバイスを聞くようにしましょう。

洗濯機

保守サービスが重要

業務用洗濯機は、購入してから10年、20年と長く使うものなので、メーカーや販売店を選ぶときには、保守サービスの充実が重要になります。業務用洗濯機が使えなくなると、業務に深刻な影響を与える施設で使用するときは、24時間体制でサービスマンを派遣してくれるメーカーの製品を選ぶと安心です。

瓦礫

破砕機と選別機の種類

ガレキを細分化する破砕機には、一軸破砕機や二軸破砕機・ジョークラッシャーなどの種類があります。ガラパゴスと呼ばれる機種はジョークラッシャーの一種で、工事現場での効率的破砕作業を可能にする自走式破砕機です。振動式や回転式などの種類があるフルイ機のうち、振動式はガラパゴスと相性が良く機動性にも優れます。

作業員

導入すると便利

業務用洗濯機が必要なところはたくさんあります。飲食店や介護施設などが挙げられるため、導入を検討してみましょう。外部に業務委託をして洗濯をしてもらうよりも、導入してしまった方が長い目で見るとお得になることがあるからです。

作業員

効率的な砂の生産

解体現場で、廃棄物を安全に処理するためには、ガラパゴスとフルイ機の組み合わせが大変有効です。自走式で便利なガラパゴスを利用することで、余計なコストがかからず、フルイ機を使うことで、良質な山砂を作り出すことが可能になります。

大型で長期間の使用が可能

洗濯物

価格や耐用年数

業務用洗濯機は、家庭用洗濯機と比べるとサイズが大きく、強度も高めとなっています。そのため衣類はもちろん、布団やカーペットなど大きなものでも、しっかりと回転させて洗うことが可能です。しかしその分価格も高く、家庭用洗濯機は5万円ほどで購入できますが、業務用洗濯機は相場が約150万円となっています。乾燥モードがついている業務用洗濯機もあり、この場合は価格がさらに高く、200〜250万円が相場です。中には洗濯容量が50kgを超えるほど大きな業務用洗濯機もあるのですが、これは500万円ほどで販売されています。また業務用洗濯機は、大きい分搬入や設置に特別な作業が必要となります。ドアなどを取り外して屋内に運び込んだり、運転時の揺れで転倒しないよう、床にボルトで固定したりするのです。こういった作業にも手間暇やコストがかかるので、購入時にはその料金が別途加算されることもあります。しかし業務用洗濯機は、大量の洗濯に耐えることができるよう、簡単には壊れないように作られています。耐用年数が家庭用洗濯機の2倍ほどに設定されていることが多く、その分長く繰り返し使用できます。つまり購入に費用が多くかかっても、コストパフォーマンスの点では優れていると言えるのです。また保証期間が設けられていますし、故障した場合には24時間いつでも対応するというメーカーもあります。こういったサービスの充実度からも、業務用洗濯機はむしろ経済的とされています。