業務用洗濯機を購入する前に予算を決めよう【相場価格をリサーチ】

破砕機と選別機の種類

瓦礫

ガレキ破砕と選別を効率化

解体工事ではコンクリート塊など大量のガレキが発生しますが、それらのガレキも破砕処理をすることで路盤材などにリサイクルが可能です。破砕処理を行うには通常なら中間処理施設までガレキを持ち込まなければならず、解体工事を行う業者は運搬コストの問題に悩まされてきました。その場合は自走式の破砕機を工事現場に導入することにより、自社でガレキの破砕作業ができるようになります。さらに自走式のフルイ機も同時に導入すれば破砕されたガレキの粒が揃って商品価値が高まり、路盤材としてリサイクルしやすくなるのです。回転刃を使ってガレキを削り取る一軸破砕機や破砕刃でガレキを切り取る二軸破砕機の他に、ハンマー式破砕機やさまざまな方式のクラッシャーが存在します。中でも固定ジョーと揺動するスウィングジョーの間でガレキを破砕するジョークラッシャーは、ガレキを効率よく破砕できる能力に優れた破砕機です。ガラパゴスと呼ばれる機種もそうしたジョークラッシャーの一種で、自走式のため工事現場にも容易に導入できます。作業効率と機動性を両立させた自走式破砕機として多くの工事現場に利用されてきたガラパゴスは、クラッシャーと走行駆動方式の両方に油圧式が採用されています。解体工事現場にガラパゴスを導入する際には、破砕したガレキを選別するための自走式フルイ機も欠かせません。スクリーンと呼ばれる網を振動させて選別する振動式と、回転させて選別するトロンメル式の2種類が代表的なフルイ機です。ガラパゴスとの相性が良い振動式フルイ機は回転式より機動性や運搬性にも優れており、工事現場に導入するのに適しています。ガラパゴスとフルイ機を連携させることで良質の路盤材が工事現場で加工できるようになるため、中間処理業者を利用する必要もありません。大きさも形状もさまざまなガレキがガラパゴスとフルイ機にかけられると、粒が均一な路盤材へと生まれ変わるのです。